我輩は雑記帖である。名はまだない。

CodiMD をインスト-ルする

CentOS 7.5 に CodiMD をセットアップする。

 

Github で公開されている CodiMD container を使って Docker で起動する。

その為、Docker が既にインスト-ルされていること。

 

手順は下記の通り。

  1. 必要なモジュ-ル をインスト-ル
  2. CodiMD container 取得
  3. 設定ファイル修正
  4. CodiMD contaniner サ-ビスの起動
  5. 補足.CodiMD contaniner のアップデ-ト

 

1.必要なモジュ-ル をインスト-ル

必要なモジュ-ルを下記コマンドでインスト-ル

yum install git

 

2.CodiMD container 取得

1.Git のプロキシ設定 (必要に応じて)

下記コマンドを実行してGitにプロキシ設定をする。

git config --global http.proxy http://プロキシサ-バの IPアドレス 又は ホスト名:プロキシサ-バのポ-ト番号
git config --global https.proxy http://プロキシサ-バの IPアドレス 又は ホスト名:プロキシサ-バのポ-ト番号

 

2.CodiMD container 取得

下記コマンドを実行して CodiMD container を取得する。

git clone https://github.com/hackmdio/codimd-container.git

取得場所は『/usr/local/src』にした。何処がいいんだろう… (´・ω・`)

 

3.設定ファイル修正

1.docker-compose.yml

取得した CodiMD container 配下の『docker-compose.yml』を修正する。

修正内容は、app service の volumes を追記した。

 

72行目付近

      - HMD_DB_URL=postgres://hackmd:hackmdpass@database:5432/hackmd
    volumes:
      - ${PWD}/resources/config.json:/hackmd/config.json
      - app_data:/hackmd
    ports:

 

95行目付近

volumes:
  # Volume for PostgreSQL/MySQL database
  database:
  app_data:

 

2.config.json

取得した CodiMD container 配下の『resources/config.json』を修正する。

修正内容は、アップロ-ドファイルが imgur となっているのをサ-バ-にする。

 

13行目付近

            "dialect": "postgres"
        },
        "imageUploadType": "filesystem"
    }

 

4.CodiMD contaniner サ-ビスの起動

1.コンテナ作成

下記コマンドを実行して CodiMD が動作するか確認する。

docker-compose up

※正常に起動した場合、『HTTP Server listening at port 3000』と出力される。

 

2.自動起動

よく分かってないんだけど、docker サ-ビスが自動起動すると釣られて CodiMD contaniner もサ-ビス起動する模様。

もっとよく勉強しないと… (使命感)。

 

5.補足.CodiMD contaniner のアップデ-ト

1.CodiMD contaniner の Pull

下記コマンドを実行して CodiMD contaniner を更新する。

git pull

 

2.CodiMD contaniner コンテナのPull

下記コマンドを実行して CodiMD contaniner コンテナを更新する。

docker-compose pull

 

Docker 、確かに構築するのは楽。

楽なんだけど、Docker を動かすのって(ry

 

参考元

  1. hackmdio/codimd
  2. hackmdio/codimd-container
  3. いつか見た惑星

 

CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu)
  • 価格:Check on Amazon
  • 製造元:サーバ構築研究会

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください