Meaningless Notebook

我輩は雑記帖である。名はまだない。

FreeIPA Server をセットアップする18

CentOS 8.1 に FreeIPA Server をセットアップする。

CentOS 8.1 で OpenLDAP Client がセットアップ出来なかった (出来るかもしれないけど廃止予定の OpenLDAP に時間を割く気が起きなかった) ので FreeIPAに切り替えて行くことにした。


FreeIPA は Linux 版 Active Directory 感があって クライアントは DNS での正引き・逆引きが必要 (多分)。

本記事のセットアップでは、名前解決の扱いを下記の通りとする。

  1. FreeIPA の管理下となるクライアントは FreeIPA 内蔵 DNS で管理
  2. 外部の名前解決 (Web) は外部の DNS へ転送して行う (DNF Forwarder)

手順は下記の通り。

  1. ネットワ-ク設定
  2. NTP 公開設定
  3. FreeIPA Server インスト-ル
  4. FreeIPA Server セットアップ

1. ネットワ-ク設定

IP アドレス、ホスト名を設定する (CentOS セットアップ時に設定できるので省略) 。

2. NTP 公開設定

『/etc/chrony.conf』を修正する。

23 行目付近

Allow NTP client access from local network.
#allow 192.168.0.0/16
allow アクセスを許す IP アドレス範囲 (例. 192.168.0/24)

*

Firewall 設定は FreeIPA Server セットアップ時に纏めて行う。

3. FreeIPA Server インスト-ル

下記コマンドを実行して FreeIPA Server をインスト-ルする。

dnf module install idm:DL1/dns

4. FreeIPA Server セットアップ

1. 『/etc/hosts』追記

下記コマンドを実行して『hostsファイル』に追記する。

echo 'IP アドレス FQDN ホスト名' >> /etc/hosts

2. FreeIPA Server セットアップ

下記コマンドを実行して FreeIPA Server Setup を起動する。

ipa-server-install --setup-dns

*

Directory Manager、adminの 2 ユ-ザ-分のパスワ-ドが必要になる。

*

Server host name 、domain name 、realm name といった設定情報確認がある。

*

設定情報確認の他に、DNS forwarders を行うかといった確認もある。

3. Firewall 設定

下記コマンドを実行して Firewall を設定する。

firewall-cmd --add-service={freeipa-ldap,freeipa-ldaps,dns,ntp} --permanent
firewall-cmd --reload

4. Kerberos チケット取得

下記コマンドを実行して FreeIPA を使用する前に Kerberos チケットを取得する。

kinit admin

下記コマンドを実行して取得した Kerberos チケットを確認する。

klist

最後に

とりあえず当分は、OpenLDAP と FreeIPA を共用して徐々に FreeIPA 側に移していく。

参考元

  1. Server World
  2. Think IT

Amazon

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>