我輩は雑記帖である。名はまだない。

Resilio Sync をインスト-ルしてバックアップを構成する

CentOS 7.3 に Resilio Sync をセットアップする。

同期先として、QNAPを使用する (QNAP 側は App Center からインスト-ル)。

本構成は、LAN内で処理を完結できるようにする (凄く手間取った…)。

 

手順は下記の通り。

  1. CentOS 7.3 に Resilio Sync をインスト-ル
  2. Resilio Sync 及び バックアップの為の処理をセットアップ
  3. QNAP に Resilio Sync をインスト-ル
  4. Resilio Sync のセットアップ

 

1.CentOS 7.3 に Resilio Sync をインスト-ル

1.『/etc/yum.repos.d/resilio-sync.repo』を作成

[resilio-sync]
name=Resilio Sync
baseurl=https://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/rpm/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1

 

2.公開鍵のインスト-ル

下記コマンドを実行して、公開鍵のインスト-ル。

rpm --import https://linux-packages.resilio.com/resilio-sync/key.asc

 

3.Resilio Sync のインスト-ル

下記コマンドを実行して、Resilio Sync のインスト-ル

yum update
yum install resilio-sync rsync

※『rsync』は、バックアップで使用する為にインスト-ルする。

 

2.Resilio Sync 及び バックアップの為の処理をセットアップ

1.設定ファイル修正

『/etc/resilio-sync/config.json』を下記の通りに編集。

9行目付近。

    "webui" :
    {
        "listen" : "0.0.0.0:8888"
    }

※本修正は、Resilio Sync WebUI のアクセス元をロ-カルホスト以外から許可する設定。

 

2.『rslsync』ユ-ザ-ディレクトリ作成

Resilio Sync 用のユ-ザ-ディレクトリを作成する。

mkdir /home/rslsync
mkdir "/home/rslsync/Resilio Sync"

 

3.Resilio Sync WebUI 用パケットフィルタリング設定

下記コマンドを実行して Firewalld 設定。

firewall-cmd --add-port=8888/tcp --permanent
firewall-cmd --reload

 

4.Resilio Sync サ-ビスの起動設定

下記コマンドを実行して Resilio Sync サ-ビス起動設定。

systemctl start resilio-sync.service
systemctl enable resilio-sync.service

 

5.Resilio Sync WebUI アクセス

下記URLにアクセスする。

http://セットアップ対象のホスト名 又は IPアドレス:8888

※初回ユ-ザ登録が発生する。

 

6.Resilio Sync セットアップ

右上『環境設定』⇒『全般』⇒『言語』より、『日本語』を選択して、F5を押下して画面を更新。

 

再度、右上の『環境設定』⇒『全般』⇒『詳細設定』より、『接続 リスニングポ-ト』を確認 (後で使用する為)。

『UPnP ポ-トマッピングを使用する』のチェックを外す。

『パワ-ユ-ザ-向け環境設定を開く』を押下する。

 

『パワ-ユ-ザ-向け環境設定を開く』で表示された画面より、『peer_expiration_days』の値を『0』に修正する。

再起動を要求されるので、下記コマンドを実行して再起動。

systemctl restart resilio-sync.service

 

再起動後、再度 Resilio Sync WebUI 画面を表示し左上の『+』⇒『標準フォルダ』を押下する。

フォルダには、『rslsync』ユ-ザ-ディレクトリ作成 で作成したフォルダを選択する。

 

『共有』設定の『リンク』タブに関しては、『アクセス許可』に『読み取り専用』。

『セキュリティ』は、『招待した~』、『失効予定の~』、『使用可能な~』の全てにチェックをつける。

 

『キ-』タブを開き、『読み取り専用』のキ-を確認 (後で使用する為)。

 

追加したフォルダの右端『…』から⇒『環境設定』を押下。

『環境設定』の『ピアに接続しています』は、『必要な場合はリレ-~』、『トラッカ-サ-バ-~』のチェックを外す。

 

7.Resilio Sync 用パケットフィルタリング設定

下記コマンドを実行して Firewalld 設定。

firewall-cmd --add-port=『環境設定』⇒『全般』⇒『詳細設定』で確認した、『接続 リスニングポ-ト』/tcp --permanent
firewall-cmd --reload

 

8.バックアップスクリプトの作成と、ク-ロン設定

『/home/rslsync/backup.sh』を作成する。

#!/bin/bash

PATH=/usr/local/sbin:/usr/bin:/bin

# バックアップ先
BACKUP_DIR="/home/rslsync/Resilio Sync"

# 差分バックアップ
rsync -av --delete "バックアップ対象ディレクトリパス" "$BACKUP_DIR" &> "$BACKUP_DIR/rsync.log"

# 所有権設定
chown -R rslsync:rslsync "$BACKUP_DIR" &>> "$BACKUP_DIR/rsync.log"

 

作成したバックアップスクリプトを『/etc/crontab』に設定する。

 

3.QNAP に Resilio Sync をインスト-ル

QNAP にログインして、App Center から Resilio Sync をインスト-ルする (resilio と入力すると表示される)。

 

4.Resilio Sync のセットアップ

QNAP にインスト-ルした Resilio Sync を開く。

※初回ユ-ザ登録が発生する。

 

左上『フォルダの追加』の隣にある『下を向いた三角』⇒『キ-またはリンクを入力する』を押下する。

表示された『手動接続』に Resilio Sync のセットアップで確認した『キ-』タブの、『読み取り専用』のキ-を入力する。

 

追加されたフォルダの右端『…』から⇒『環境設定』を押下する。

『環境設定』の『ピアに接続しています』は、『必要な場合はリレ-~』、『トラッカ-サ-バ-~』のチェックを外す。

 

『既定のホストを使用する』にチェックをつけ、Resilio Sync をセットアップした対象マシンのホスト名 又は IPアドレスと、『環境設定』⇒『全般』⇒『詳細設定』で確認した、『接続 リスニングポ-ト』を入力する。

 

以上で Resilio Sync が動作する。

凄い大変だった…まさか同期元と同期先を紐付けるために (デフォルトでは) インタ-ネット接続していたとは。

一応これで LAN内で完結してる…筈。

 

後、Resilio Sync WebUI の初回ユ-ザ-登録結果は『/var/lib/resilio-sync』配下にあるファイルっぽいので初回ユ-ザ-登録を変えたいなら消せばいけるっぽい。

 

参考元

  1. Installing Sync package on Linux
  2. archlinxu
  3. さくらのナレッジ
  4. CUBE SUGAR CONTAINER
  5. bash: 標準出力、標準エラー出力をファイル、画面それぞれに出力する方法
  6. server world

 

CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu)
  • 価格:Check on Amazon
  • 製造元:サーバ構築研究会

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください