我輩は雑記帖である。名はまだない。

Streama をインスト-ルする

CentOS 7.3 に Streama をセットアップする。

 

GitHub からセットアップに使用する WAR ファイルを入手した上で作業する。

手順は下記の通り。

  1. 必要なモジュ-ル をインスト-ル
  2. Streama をセットアップ

 

1.必要なモジュ-ル をインスト-ル

必要なモジュ-ルを下記コマンドでインスト-ル

yum install java

 

2.Streama をセットアップ

1.ディレクトリ作成

下記コマンドを実行してディレクトリを作成する。

mkdir /opt/streama
mkdir /opt/streama/media

 

2.Streama.war を配備

GitHub から取得したWARファイルを作成したディレクトリに配備する。

 

3.起動スクリプトを作成

起動スクリプトを作成し、『/opt/streama/』へ配備。

『start.sh』

#!/bin/sh

#
# Streama start script
#

/bin/java -server -Xms512M -Xmx1024M -XX:+UseParallelGC -DproxySet=true -DproxyHost=プロキシサ-バの IPアドレス 又は ホスト名 -DproxyPort=プロキシサ-バのポ-ト番号 -Djava.awt.headless=true -Djava.security.egd=file:/dev/./urandom -jar /opt/streama/streama.war

※プロキシを使用していない場合は、プロキシ関連のオプションは不要。

※配備したら実行権限を付与する事。

 

4.Streama をサ-ビス化。

Unit定義ファイルを作成し、『/etc/systemd/system/』へ配備。

『streama.service』

[Unit]
Description=Streama Server
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=simple
WorkingDirectory=/opt/streama
ExecStart=/opt/streama/start.sh
ExecStop=/bin/kill -15 $MAINPID
Restart=always

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 

5.Streama サ-ビス化の確認 及び 起動

下記コマンドを実行して Streama サ-ビス起動設定

systemctl list-unit-files --type=service
systemctl start streama.service
systemctl enable streama.service

 

6.Firewalld をセットアップ

下記コマンドを実行して Firewalld 設定。

firewall-cmd --add-port=8080/tcp --permanent
firewall-cmd --reload

 

7.Streama 管理設定

Web ブラウザから『http:// セットアップしたStreamaサ-バの IP アドレス : 8080』へアクセスして設定を行う。

 

 

記事にしてみると大した作業量じゃないけど、凄い手間取った。

特にプロキシ設定で詰まった…やっぱり IBM を…最高やな…!

諸事情により、既存のサ-バにセットアップしたから新規セットアップで足りない作業があるかも…

 

参考元

  1. GitHub
  2. HowtoForge
  3. java – Java アプリケ-ション起動コマンド
  4. IBM WebSphere Application Server Community Edition

 

CentOS7で作るネットワークサーバ構築ガイド (Network server construction gu)
  • 価格:¥ 6,993
  • 製造元:サーバ構築研究会
  • 販売者:おもちゃ鑑定団

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください