我輩は雑記帖である。名はまだない。

【R18・UNITIA】やってみた感想

R18記事の為、注意。

 

2018年07月31日にサ-ビス開始した UNITIA をやってみた感想。

ちょっと触ってみたけど、とりあえず様子見って感じ。

じゃぶじゃぶ御理解しないで、無料で遊べる範囲でやればいいかな。

 

理由はキャラクタ-のレアリティを、さほど気にしなくていいから (手間が増える程度で最終的なパラメ-タは☆3も☆4も☆5も☆7になれば大差がない) 。

よほど気になるキャラが出て直ぐ手に入れた場合だけ、課金すればいいと思う。

ガチャを引く為の宝星石もスト-リ-とかミッションやれば、そこそこ溜まるし。

後、ディリ-ミッションにキャラ交換チケットが常設されてるし。

 

 

システムは昔あったリブレスを髣髴とさせる…というかリブレスだよね?

パ-ティ編成とか装備とかアリ-ナとか。

その内、タワ-が実装されたりして…リオノ-ラ可愛い。

 

 

戦闘は、ほぼオ-ト。

プレイヤ-が介入できるのは、各キャラのスキル実行タイミングとオラクルアシスタント (専用ゲ-ジが溜まった時に発動できる、すげ-全体攻撃 + α) のみ。

アリ-ナは完全オ-ト。

正直このシステム嫌いじゃないけど好きでもない。

リブレスは、世界観も好みじゃなかったから割とすぐにご無沙汰だった。

化け物にビンタするリオノ-ラ可愛いよリオノ-ラ。

 

でまぁ UNITIA の戦闘システムには否定的だけど、H シ-ンっていうご褒美があるわけじゃないですか。

好みのキャラ、リオノ-ラが手に入ったので H シ-ンの為に初日から頑張ってみたわけです。

 

 

H シ-ンへの道1:Lv Max

UNITIA の Hシ-ンを見る為には、キャラクタ-を進化させないといけない。

進化させるには

  1. キャラクタ-の Lv を Maxにする
  2. キャラクタ-の属性色に対応するエ-テルを使って進化させる

 

で、神プロと違って UNITIA は戦闘で Lv を上げるんじゃなくてキャラクタ-もしくは専用アイテムを喰わせて Lv を上げる。

専用アイテムは、スト-リ-を進めれば Lv Max ぐらいまでは上げられる数が揃う。

だから Lv Max は割と楽…かなぁ。

 

 

H シ-ンへの道2:エ-テル集め

個人的には、これが鬼門。

エ-テル集めは SP クエストの専用クエストでやるんだけど、曜日によって手に入れられる属性色が変わる。

リオノ-ラは緑で、初日は SP クエストで赤が手に入る日だった。

SP クエストで緑が手に入るのは、なんと4 日後だった…生殺しにも程があるよ…!

 

ただ、ありがたい? ことにダンジョンキ-っていうアイテムを使えば 30分だけ任意の属性色の SP クエストが解放される。

そんなわけでエネポットがぶ飲みしてエ-テルを集めたわけです。

 

 

NKT …

30 分でよく集まったよ…

 

進化キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

 

スト-リ-解放キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

 

STORY2 を見れば、念願の H シ-ンは直ぐそこだ (*゚∀゚)=3 ハァハァ

 

 

リオノ-ラ可愛いよリオノ-ラ

気になる主人公にアタックしてくるリオノ-ラ可愛いよリオノ-ラ。

 

健気に初めてを主人公に捧げるリオノ-ラ (*゚∀゚)=3 ハァハァ

 

いやぁ健気な少女っていいですねぇ、ふぅ…

なんていうか大きければいいわけではないというかリオノ-ラは貧乳ではなく品格を備えた品乳というか、ふぅ…

 

 

総評

人それぞれの好みがあると思うので、あくまで私の感想。

  • 戦闘システムは正直面白みに欠けると思う (もっとも神プロ以外、似たような感想な私)
  • 全員が⭐︎7になれるから個性は、ほぼスキルのみ→アリ-ナに拘らなければ無課金でいい
  • H シ-ンが少ない (限界突破で増えるのか、私気になります!)
  • アリ-ナは、それなりに課金しないときつそう (全敗)

 

そんな訳で冒頭でも述べたように、よほどの事がない限り無課金で行こうと思う。

 

 

おまけ

リュインさん、私の事好きすぎでしょ…

ディアナ枠かな?

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください